バイナリーオプションはご存じですか?

いまよりも上がるか下がるかを予想するだけのシンプルな投資方法であるオプション取引をご存じでしょうか?バイナリーオプションとも呼ばれており、投資初心者にとってもっともわかりやすい投資スタイルのひとつです。気になる方はこちらのサイトがわかりやすいですよ。 >> バイナリーオプションとは?

証券会社社員が話す投資信託のマメ知識

資産運用にはたくさんの手段があります。 株もあれば、不動産もあり、国債のような債券運用もあります。 今回は証券会社で働いていた私からリアルな資産運用のお話をさせて 頂きます。 証券会社にいたので、主に株か債券か投資信託を中心に取り扱っていました。 一部、変額年金といった商品でも資産運用は出来ますが、こちらは今回は 保留にします。 さて、私が証券会社で働いていた経験を元に、自分で資産運用をしようと 考えた場合、絶対に買いたくないし、買ってはいけない資産運用の方法は 投資信託による資産運用です。 投資信託は、今では銀行の窓口でも買えて、最低投資金額も株式と違い、 数万円から買えるものがほとんどのため、比較的身近な存在になりつつ あります。 実際に、証券会社の営業員だけでなく、銀行の窓口でも、退職金の資産運用の 相談にでも行こうものならば、高い確率で投資信託を勧められます。 そんな投資信託での資産運用ですが、何故勧められず、止めておいた方が 良いのかと言いますと、証券会社の都合が良いように出来ているからです。 まず、購入手数料が高いです。 商品によって異なることはありますが、ほとんどは購入金額の3%が 手数料としてかかります。 簡単に言うと、購入してから3%以上投資信託の基準価格が上がっていないと 損をするということです。 (信託財産留保額の有無によっても変わります) さらに、投資信託は信託報酬という投資信託の運営費用を、購入した 投資信託の内側から払い続けるので、購入した投資信託の値上がりを 妨げます。 そのうえ、日本で一般的に販売されている投資信託のファンドマネージャー というのは、ほとんどの場合が雇われ社員のファンドマネージャーのため、 何かしらのベンチマークさえ下回らなければ、運用成績が良くなくても 特に問題無いため、運用が甘く、運用成績はどちらかというと、市況に 影響されることになります。 それ以外でもおススメ出来ない理由があります。 商品特性上、複数の株式や債券などでファンドを運用するため、 中身がどうなっているのかが、わかりません。 定期的にレポートは送られてきますが、手元に届く頃には後の祭りなので、 リアルタイムでの状況がわかりづらく、ただ新聞などで日々基準価格を 確認することしか出来ず、実態を把握しにくいです。 こういった点があるので、投資信託での資産運用は止めておいた方が 良いです。 高い確率で、販売している金融機関のカモになります。 そして、自分の大切な資産で投資しているのに、ファンドという形態を とっているため、実態を掴めないので、 管理が難しいです。 どうしても投資信託で運用がしたい場合は、ETF探してみるなり、 ヘッジファンドを選んでみたりと、よく考えてみるのが良いと思います。

株やFXで負け続ける方達を見て思うこと

株やFXで負け続けている人を見ると「1回頭を冷やしたほうが良いんじゃないのか?」と、声をかけたくなってしまいます。株やFXだけに限ったことではないですが、運悪く負け続けているときというのはそう簡単に大逆転のチャンスはきません。負けを取り戻そうと必死になる気持ちはわかりますが、それだけ気負っていては正常な思考状態を保つことはできませんし、上手くいくほうが稀だと思うからです。  そんなときは、株やFXに対してこだわるのではなく、1度離れてみたほうが良いと思います。というか、そうしないとお金をどんどん失ってしまって一文無し、それどころか借金生活に転落することすらあるわけですから、それを考えるととても心配になってしまいます。ですので、もしも自分の近しい関係の人が株やFXで負け続けてしまったら、それをやめさせるよう働きかけると思います。  株やFXをずっとやらないで欲しいとは言いませんが、負け続けているときにそのまま継続させることは心苦しいので、何とか止めたいという気持ちが強くなると思います。


投資信託について
会社一覧
FXという手段もアリ
おすすめ情報
運営者情報